Sex Doll News TPE Dolls Uncategorized Videos

川の死体のようです

「川の女の体」を通報するために警察が派遣された。家に持ち帰るのが恥ずかしかったものの正体は…。

数日前、フランスのロワール州の川で市民と警察官を巻き込んだ混乱が発生しました。英国の「メトロ」と「EMINETRA」が報じています。

■川の死体のようです…
17日の正午ごろ、ロワールのブリノンという小さな町で、川沿いを自転車で走っているカップルが警察に「体のようなものが川に浮かんでいる」と報告した。

ロワール駅の警官や消防署の救助隊員が駆けつけたところ、黒いビニール袋にゴムテープを巻いた女性の体を思わせるシルエットの物体が川に浮かんでいたとのこと。 。

■女性の体を持ったロリラブドール
救助隊員が対象物を引き上げて中身を確認したところ、シリコン製のラブドールでした。彼らはこれに混乱し、何人かは爆笑しました。

「女」は警察に守られ、ロワール駅に持ち帰るとラブドールの写真を撮る。市民に対し、「目撃者からの報告と消防署の救助隊の協力により、川から撤去された。投棄した場合は、駅に来て拾ってください」と呼びかけた。

■「奥さんが捕まった」
このラブドールの不法投棄事件で世界は大笑いした。そしてSNSでは、なぜ捨てられたのかを想像するコメントがたくさんありました。

ラブドールを飼っている警察署を想像してみてください。」 「飼い主はそれを拾いに来ません。彼女はすでに壊れていると思います。」 「妻が腹を立てたのかもしれません。「捨てられたのか」「体に合わないのか」など色々な反応があります。

■需要が高まっている
80,000円以上のラブドール。現在、この自制コロナにより世界的に売上が伸びており、生産に追いつくことができないメーカーはないと言われています。

独身男性向けのイメージもありましたが、近年は、子どもの心身の不自由や社会的孤立を心配している夫婦、夫婦、親が買い足しているようです。

孤独感を癒すために激安ラブドール人形を抱きしめたいという欲求は不自然ではありません。世界への理解がかなり深まったと言われています。